出雲大社と布教機関

出雲大社教は、愛の神、幸福の神、結びの神である大国主大神おおくにぬしのおおかみと私たちとを結び、私たちが明るい家庭、明るい社会をきづくくように教え導くことを目的とする教団です。この出雲大社に対する国民の信仰を宗教教団として結成をみたのは、明治6年で、その組織を図ったのは、時の第八十代出雲國造いづもこくそう、出雲大社大宮司千家尊福せんげたかとみです。千家尊福は、全国に布教活動を展開し、今日の出雲大社教の基礎をつくりました。

出雲大社(いずもおおやしろ)

出雲大社神楽殿 出雲の国は、神の国、神話の国として知られています。その“出雲の国いずものくに”には、今もなお古の神社がいたるところにあります。そして、その中心が「大国主大神おおくにぬしのおおかみ」をおまつりする出雲大社いづもおおやしろです。大国主大神は、「だいこくさま」と申して慕われている神さまです。だいこくさまは、「天の下造らしし大神」とも申しますように、私達の遠い遠い親達と喜びも悲しみも共にせられて、国土を開拓され、国づくり、村づくりに御苦心になり、農耕・漁業をすすめ、殖産の法をお教えになり、人々の生活の基礎を固めて下さいました。また、医薬の道をお始めになって、今もなお人々の病苦をお救いになる等、慈愛ある御心を寄せて下さったのです。だいこくさまは、救いの親神さまであると共に、すべてのものが「おのずから」の姿にあるように護って下さる親神です。

出雲大社教(いずもおおやしろきょう)

出雲大社教 出雲大社教は、愛の神、幸福の神、結びの神である大国主大神だいこくさまと私たちとを結び、私たちが明るい家庭、明るい社会を築くように教え導くことを目的とする教団です。この出雲大社に対する国民の信仰を宗教教団として結成をみたのは、明治6年で、その組織を図ったのは、時の第八十代出雲國造いづもこくそう、出雲大社大宮司千家尊福せんげたかとみです。千家尊福は、全国に布教活動を展開し、今日の出雲大社教の基礎をつくりました。
出雲大社教は全国に分祠・分院・教会・講社の布教機関を設け、神楽殿となりのおくにがえり会館内にある教務本庁がそれらを統括、サポートしています。北は北海道から南は沖縄まで全国で布教活動を行っています。大国主大神さまのみおしえを常に新鮮な気持ちで伝え、悩める人々を助け、窮まれる人々を救い、明るく楽しい人・家庭・社会・国・世づくりのために活動しています。また青年会や婦人会活動を通じて地域にとけこんだ活動をしています。



ホーム | 当分院の由緒 | 祭日表 | 地図及び交通機関 | 出雲大社について | 御祭神について | 大国様のご神徳 | 祈願及び御札御守
神葬祭及び霊祭 | 境内のあれこれ